価値のある仕事のために


  良い店選びのコツ 
眼鏡はファッション性が重要視されている傾向がありますが、衣服などとは違い「視力の補完」というファッションよりも大切な機能が備わっています。
眼鏡を知り尽くした方から眼鏡を作ってもらったりメンテナンスしてもらったほうが、目のためにも良く、頻繁に眼鏡を変えたりする必要も出にくくなります。

それでは眼鏡と付き合っていくためにどのような店を選ぶべきか、こちらを参考にしてみましょう。
  →「店選び

 

 ■ 会報 
 
協会会報 2011/01

協会会報 No7 2011年1月 (PDF 1.4MB)
商業会に載りました「認定眼鏡の国家資格について」 (PDF 0.6MB)


 ■ 研究内容
新潟県眼鏡協会は個人店の集まりですから、レベルの違いや得意な分野の違いも有ります。
1人で解決できない問題や悩みそして不安に思う仕事を、仲間を作りお互いにコーチになったり、講師になったりして、
実践的な学習を行い、問題を解決していこうという主旨の研究会です。

 

 ■ 研究会の実施例
 
福井フレーム工場見学研究会 
平成21年9月8、9、10日 2泊3日
参加会員 榎本時計眼鏡店(小千谷市)、メガネの三進堂(新潟市)、
メガネの加坪屋(長岡市)、メガネの朝日堂(長岡市)
 
工具の使い方研究会 
平成21年11月5日
参加会員 メガネの石倉(上越市)、ミヤ眼鏡店(柏崎市)、
メガネの朝日堂(長岡市)、サイトウメガネ(三条市)、コイケメガネ(加茂市)、
Carat阿部(新潟市)、メガネi工房(新潟市)、エンゼルウチダ(新潟市)、
エル・ホンマ(五泉市)、都屋(湯沢町)
 
ビジョントレーニング研究会 
平成22年3月から6月まで4回
参加会員 Uchiめがね堂(長岡市)、メガネの朝日堂 大島店(長岡市)、
メガネの朝日堂 来迎寺店(長岡市)